CONCEPT

この「まち」。大好き。

潤い豊かな街の中にある、帰るべき拠点。

世田谷区桜新町。この地名は、大正初期に総合開発された分譲住宅地に由来します。第一種低層住居専用地域の、空が近い街。豊かな緑に恵まれ、商店街も元気で「サザエさんの街」としても知られる暮らしやすさ。いつの時代も変わらない価値がここにあります。
桜新町駅の南側に広がる、買い物や食事を楽しめる環境の良いエリア。ここに、都市型テラスハウスが誕生します。桜新町という「まち」の中のテラスハウスという「まち」。そこに暮らす人々が緩やかに繋がる、新しい住まいです。

開放感と安心感をあわせ持つ、自分らしい生活の拠点「まちなかまち」。それが“THE 桜新町 TERRACE”です。

桜新町
桜新町

MASTER PLAN

緻密に描く、
快適と安心を叶える
住まいのデザイン。
桜新町を舞台に、自由に描く暮らしのスタイル。

この土地を見た時、まずイメージしたのは新しい家族の自由な暮らし方でした。駅から徒歩わずか6分、都内各所への自在なアクセスと緑豊かな環境。そして住宅街としての歴史と落ち着き。ここ桜新町なら、住みやすさと高い感性が両立し、それぞれの家族が望む暮らし方を受け止めてくれます。
この街にふさわしいのは、そこが一つのコミュニティとなる、次世代型テラスハウスだと私たちは考えました。個性ある住民同士が心地よい距離感で繋がる、小さな「まち」を作りたい。
そんな想いで“THE 桜新町 TERRACE”は生まれました。

ザ桜新町テラス

※掲載のイメージイラストは、計画段階時のもので実際とは異なります。

住民同士の程よい距離感。新たな集合住宅の方向性。

“THE 桜新町 TERRACE”は、緩やかに繋がるコミュニティです。緑豊かなゆったりとしたエントランスアプローチを配し、街と住まいとの一体感を表現しました。
その一方、各住戸のエントランスは色彩を少しずつ変えて、住まう人々の個性を表しています。テラスハウスという「まち」は、お互いの暮らし方を尊重しあう人々にちょうど良いサイズ。独立性を確保しながらも一体感をプラスする、新たな集合住宅の提案です。

この安心感は譲れない。

ファサードは、端正なデザインに植栽や木部をアクセントとして取り入れ、ここに帰って来ることがうれしくなるような温かみと上質感を演出しました。
エントランスゲートはオートロックで、住民以外の立ち入りはできません。玄関、庭を含む住戸全てがセキュリティゾーンにあり、敷地内で子どもを遊ばせるのにも安心です。

ザ桜新町テラス

※掲載のイメージイラストは、計画段階時のもので実際とは異なります。

ポケットパーク
POCKET PARK

自由な発想でのびのび遊ぶ。子どもたちの想像力は、無限大。セキュリティに守られながら自然にふれあえる安心のスペースです。

ポケットパーク

IMAGE PHOTO

フレアイノコミチ
FUREAI NO KOMICHI

四季を感じ、程よいコミュニティが魅力。空を見上げれば、一面の空。都会にいながらも開放感を感じられる空間です。

フレアイノコミチ
ワタシテラス
WATASHI TERRACE

あなたのセンスで自分好みにアレンジ。テーブルとイスを置いてティータイムを楽しんだり、子供用プールで遊んだり、色々な使い方をお楽しみください。

ワタシテラス
開放感とプライバシー。異なる性質を両立させる選択。

“THE 桜新町 TERRACE”は、空の広い第一種低層住居専用地域のメリットを存分に活かし、十分な日当たりを確保しました。2階LDKタイプ(一部除く)は、ハイサイドライトを採用。最大約3.7mの天井高で、開放感を演出しています。
同時に配慮したのが各住戸のプライバシーです。向かい合う住戸間の開口部の向きを傾け、棟間の視線が交わらないようにしました。さらに各住戸の玄関には、計画的に植栽を配し、程よい仕切りの効果をもたせました。開放感とプライバシーを両立させ、自然体で暮らす。ここには、住まいの価値を形にする要素が満ちています。

ザ桜新町テラス

※掲載のイメージイラストは、計画段階時のもので実際とは異なります。

モデルルーム 113号室 ※販売済みのため参考写真になります。

モデルルーム 101号室

※掲載のモデルルーム101号室・113号室の写真は2018年2月に撮影したものです。家具・照明・調度品・備品等は販売価格に含まれておりません。なお、写真には一部有償オプションが含まれております。予めご了承ください。

石井 健石井 健
blue studio

石井 健 建築家 / 株式会社ブルースタジオ 執行役員
建築・内装設計、不動産商品開発を中心業務としつつ、関連するマーケティング、ビジネスモデル開発、ITプラットフォームの設計などにも従事。特に日本国内の中古住宅+リノベーション分野においては市場の黎明期より第一人者として活動。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)では「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。
■ 著書(編書)
◎リノベーション物件に住もう! 〜「超」中古主義のすすめ〜[2003年]
◎MUJI 家 – 家の話をしよう(部分監修)[2007年]
◎LIFE in TOKYO[2014年]
◎「Renovation Style」1〜2巻[2015年]
■ 連載コラム
◎「朝日新聞デジタル リノベーション・スタイル」朝日新聞社(隔週)
■ 受賞
◎「郷さくら美術館 東京」2012年度グッドデザイン賞受賞(公共領域のための空間・建築a・施設部門)
◎「さくらアパートメント」2014年度グッドデザイン賞受賞(住宅・集合住宅部門)
◎リノベーション・オブ・ザ・イヤー グランプリ受賞「FURNITURE半身浴」2013年、他

1998年設立。日本のリノベーションシーンの黎明期より活動し、個別の物件探しからはじめる中古住宅のワンストップリノベーションサービスを提供。戸建、マンション問わず手がけ、個人邸リノベーションの実績は600件を超える。また、建築設計にとどまらず、企画、コンサルティング、グラフィックデザイン、不動産仲介管理など、事業は多岐にわたる。
団地再生など都市スケールの再生プロジェクトを手掛ける一方、近年では公益施設、商業施設の再生も手がける。2012 年には「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)で「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介。ホシノタニ団地で、「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015 総合グランプリ」「2016年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」を受賞。

  • 作品例「ホシノタニ団地」

    作品例「ホシノタニ団地」

  • 作品例「インプレスト コア 武蔵小山」

    作品例「インプレスト コア 武蔵小山」

ザ桜新町テラス

エントランスアプローチ完成予想図

LANDSCAPE DESIGN

明るく、軽やかに。
コミュニケーションがはずむ庭。
Welcome Green
人々が集う、緑の緩衝帯。

多様な家族が集う「まち」。その多様性ある住まいに与える潤いと安らぎを豊かな緑で迎えるファサードで表現しました。
主役となる緑たちはシンボルツリーのオリーブやフェイジョアをはじめエキゾチックでカジュアルな印象。まるで街なかに現れる緑のモニュメントは開放的な広場のようです。

  • IMAGE PHOTO

  • IMAGE PHOTO

Community Green
交流を深めるポケットパーク。

エントランスゲートをくぐると、なだらかな築山のあるポケットパークが迎えてくれます。主役となるシンボルツリーは涼やかな樹形が印象のジューンベリー。春先には繊細な白い花、初夏には可愛らしい赤い実が見る目を楽しませてくれます。また、美しい秋の紅葉、落葉した冬のシルエットさえ風景に彩りを添える樹木です。
花壇を兼ねたオリジナルのベンチに座って、走り回る子供たちを笑顔で見守る人々の姿が目に浮かびます。
築山は子供たちの格好の遊び場。斜面を登って感じる風や駆け下りて変化する視点、遊び方が限定される遊具と異なり子どもの想像力や感性が育まれる環境です。安全な敷地内にあるこのスペースは、ここに住まう人々の交流の場として、季節の変化に富んだ空間が和やかな雰囲気を作り出します。
外遊びを楽しむなど、それぞれの楽しみかたが見つかるはずです。

ザ桜新町テラス

※掲載のイメージイラストは、計画段階時のもので実際とは異なります。

  • IMAGE PHOTO

  • IMAGE PHOTO

  • IMAGE PHOTO

Fashion Green
都心の住まいに、柔らかさを添える。

アプローチの小路を歩くと、四季折々に趣を変える樹々たちが各戸のエントランスに彩りを添えます。まるで自然をあしらったアクセサリーのように。建物に囲まれた小さなスペースでさえ、緑のもつ生命力、息吹を感じることができます。
子どもたちが季節の色や風、香りに興味を抱き、落葉樹や常緑樹、花や実を見て会話が弾む。そんな住まう人々のつながりを思い描きました。
また、忙しい現代社会のライフスタイルも考慮してローメンテナンスな植栽をセレクトしました。

ザ桜新町テラス

外観完成予想図

山本 結子山本 結子

山本 結子/グランドマム 株式会社 GM Design Office チーフデザイナー

都市計画事務所、造形会社にてランドスケープ・パブリックアート(公共のモニュメント、壁画、建築・土木の環境造形作品を数多く手がける)2001年よりエクステリア業界に参入、2009年、職人集団の工事会社 グランドマム株式会社のデザイン拠点として渋谷区にオープン。主にデベロッパーの分譲住宅・集合住宅の企画提案・販売支援・景観設計を主体としたデザインチームを形成。数多くのプロジェクトに携わる傍らメーカーの商品開発、セミナー、講師業コンテスト審査員などにより後進の育成に力を注いでいる。

■受賞歴(一例)
2009~2012年 三協立山アルミ プランニング大賞・金賞
2012・2013年 丸の内仲通りガーデニングショー銀賞・金賞
2014年 エスビック大賞・優秀賞・敢闘賞
2015~2016年 扶桑社すまいの設計 巻頭連載

一般社団法人 日本エクステリア設計協会 理事
E&Gアカデミー青山校 エクステリア設計 講師

  • 作品例 「森林浴のできる家」

    作品例 「森林浴のできる家」

  • 作品例「ジューンベリーガーデン練馬」

    作品例「ジューンベリーガーデン練馬」

※掲載の完成予想図は、計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等見え方が異なる場合があります。
なお、各種機器・配管・素材等及び周辺建物・電柱・架線は、一部省略、または、簡略化しております。
また、樹種は計画段階のものであり、変更となる場合があります。植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。竣工時に完成予想図程度には成長しておりません。