SAKURA LIFE

その自由度も、静寂も、
ぬくもりも、歴史も。
街を楽しみ尽くす。
桜新町一丁目。
第一種低層住居専用地域に暮らす。

桜新町

受け継がれてきた価値。

桜新町の地名は、大正初期に総合開発された分譲住宅地に由来します。
当時、商店街や交番などの街の施設を含めて新しい街を開発することは珍しく、この住宅地はたいへん評判になりました。分譲地は、1区画100坪から300坪。その名残か、今でも大きな区画の住宅が多い、ゆとりが感じられる地域です。
桜新町1丁目から深沢に続く桜並木は当時植えられたもので、「せたがや地域風景資産」にも選定されています。
周辺には豊かな自然が広がる贅沢。都心部の利便性を存分に享受する。まさに「安心」と「快適」の条件を満たした理想的な街、それが桜新町です。

都心への快適なアクセスを誇る第一種低層住居専用地域。

東急田園都市線「桜新町」駅からターミナル駅の「渋谷」駅までは8分。東京メトロ半蔵門線との相互直通運転により、「表参道」駅には12分、「大手町」駅にも26分でアクセス可能です。
建設地一帯は第一種低層住居専用地域。中高層マンションや店舗の建設が制限され、低層住居の良好な環境が守られている地域です。ゆったりした区画の閑静な街並みが安らぎを生みます。この余裕のある素晴らしい環境が、駅の南側に広がっているのです。この一帯は、国道246号や首都高速から離れているので、車の音も気になりません。都心に近いエリアでは、一般的に駅の周辺は商業施設や高層マンションが多く、低層住居エリアは駅から離れた地域になることが多くなります。この得難い立地は何にも増して宝物なのです。

日々の生活が守られた、閑静なエリア。

駅から南に延びるサザエさん通りは古くからある商店街。スーパー、郵便局、クリニック、コーヒー店、自然食品の店などが並びます。近くに交番があり、駅からずっと明るく開けた通りなのも安心です。
駅前通りには桜が植えられ、サザエさん一家の銅像や看板が目を引きます。通りの両側にカフェやパティスリー、レストランの他、レンタルビデオ店やスーパー、銀行などが並び、生活に必要な店はほぼ揃っています。

桜新町桜新町